黒ひつじから見えるセカイ。

ADHDで2歳娘を育児中の主婦です。育児と発達障害についてをメインに生活のあれこれを書いています。

発達障害

発達障害の診断を受けるまで

今回からは私が発達障害の診断を受けるまでを書いていこうと思います。 前回の記事はこちらから 発達障害の診断が出ました。 - 黒ひつじから見えるセカイ。 成人が発達障害の検査を受けるためにはまず、検査のできる医療機関を見つけなければいけません。 し…

発達障害の診断が出ました。

九月に入ったというのに、まだまだ暑いですね。 我が家の2歳になったばかりの娘は、最近季節外れのRSウイルスにかかってしまいました。まだまだ暑いからと油断しちゃってました…反省です。ところで、今やすっかり内容がぶれぶれのこのブログ。当初立ち上げた…

汚部屋だった私が普通部屋を維持できるようになるまで

片付けが苦手です。 子どもの頃から机の引き出しもカバンの中もぐちゃぐちゃ。物がどこにあるか、どれが自分のものかわからず、落し物無くし物の常習犯でした。 20歳くらいで引きこもりになり、その頃は足の踏み場もなく有機系ゴミも散らかった本格的なゴミ…

多動のシステム

多動行為、なんでやめられないの?多動傾向のない人になったことがないので、自分の頭の中がどうなってるのかを客観的に比べることはできませんが…感覚としては、「頭の中にたくさんの考えが虫みたいに這いずり回っていて、必要なときに必要な考えがどれなの…

成長による多動の変化

子どもの多動が治らない!なんでこの子は落ち着きがないの?将来どうなっちゃうんだろう…どうやら私には幼児期から多動の傾向があったようです。まずは私の場合の幼児期からの特徴と、大人になるにつれの変化を書いていきたいと思います。[幼児期]とにかくよ…

無くしちゃいけない自尊心

できないことや奇行が多かったために、叱られてばかり、嫌われてばかりだった子供時代。そんな毎日を過ごしたことの一番の弊害は、実は発達傾向による生活の困難さよりも健全な自尊心が育たなかったことによるものでした。「自分は人より劣っている」「どうせ何…

発達の疑いと親の教育

子供が発達障害の可能性。そんなことない!ただの個性よ!認めずに普通の子と同じように厳しく育てたらどうなるの?子供の頃、周囲の先生や大人は、多動で周りに溶け込めず、発育にも遅れがあった私の様子を見て、私の母親に対して何かしら注意をしていたよ…